1. >>これが!ホームページの作り方Da! Home
  2. > ホームページの作り方 5

ホームページの作り方 5

HTMLをキレイに書くために。

まず、HTMLをキレイに書くということについてなのですが、
タグにはそれぞれ「意味」があります。

HTMLやCSSなどといった言語は、
”W3C”(ダブリュ・スリー・シー)と呼ばれる機関が、HTMLの規格についての標準化の作業を行っています。”
要するに、HTMLを決めてる総本山のような理解でもよいでしょう。
この機関が、HTMLのタグの使い方や意味を決めています。

例えば、コチラでお話したように、
<p>タグは”段落”で、<br />は”改行”といったように、
それぞれのタグには機能・役割が明確に示されており、
その通りにHTMLを記述していくことで、正しく、キレイなHTMLが書けるということです。

これは、先ほど挙げた”W3C”も、正しい文法でHTMLを書きましょうということを推奨しています。
(「HTMLバリデータ」なる、文法チェックが出来るウェブサイトも提供しています。)

コチラでHTML文書の基本を示しましたが、
これを利用して、新しいタグも追加しながら、見本を書いてみたいと思います。

実際に見本を見ていきましょう。

下記のような文書を書きたいとします。

見本のHTML

その時に、下記の様にHTMLを入力してしまいがちです。
(特に、HTMLを直接書かないまでも、ホームページ作成ソフトなどのプレビュー画面を見ながら書いている場合。)

HTMLの正しくない見本

確かに、見た目は、上記の見本の文と、見え方は近いです。

では、こういう風に書いたらどうでしょうか?

HTML文の正しい見本

どうでしょうか?多少、ワケ分からないHTMLタグが入ってきましたが、
全体的にスッキリした感じになったと思いませんか?

これは、それぞれの文を、それぞれの文の意味に適したタグを付加させてやることで、
無用な、改行やスペースなどを入力する必要がなく、
スッキリとしたHTML文にすることができるというものです。

そのメリットを挙げると、以下の様になります。

  • 文章がスッキリするので見やすい。
  • ページのデータ量が軽くなる。
  • ブラウザ毎で表示がおかしくなることが少なくなる。
  • SEO対策にも効果がある。

という感じなのですが、デメリットといえば、せいぜい
「基準に準拠させるHTML文を作るのに時間がかかる」といったことくらいなのですが、
HTMLをいっぱい書いて、それに慣れてくれば、自然とキレイなHTML文が書けると思います。

pagetop

  • 当サイトのコンテンツ一覧です。
  • ホームページの作り方 1
  • ホームページの作り方 2
  • ホームページの作り方 3
  • ホームページの作り方 4
  • ホームページの作り方 5