1. >>これが!ホームページの作り方Da! Home
  2. > ホームページの作り方 その2

ホームページの作り方 その2

ホームページを作るのに必要なものは何か?

ホームページを作りたい!と思った方が、始めに気になるであろうことは、
まず始めに準備するものはどんなもの?ということだと思います。 

準備するにも色々あるのですが、まずは、一つずつ整理していきましょう。
まずは、ホームページの作り方で最も重要な「HTML」についてです。

作り方レシピ 1 〜HTMLを書く!〜

ホームページの作り方で、最も基礎的なことは、
ホームページを形作っている、コンピュータ言語の一種である、「HTML」を記述する(書く)必要があります。
(このページではHTMLについて細かくは書きませんが。)

・・と、ここでコンピュータ言語と言うと、
「プログラムとか難しいんじゃね?」「難しい記号の羅列とかでしょ?無理無理!」
「HTML?ホームページ何チャラってソフト買ってきたらエエんちゃうん?」
・・といった事を考えると思いますが、そのホームページ何チャラってソフトを使うのにも、
結局はHTMLに触れる機会はあるはずですので、覚える必要はありませんが、
参考書を買っても良いでしょうし、インターネット上にある、HTML指南のウェブサイトがたくさんありますので、
そういったものを利用して、HTMLに触れてみてください。

当サイトでも、HTMLに関しては少し触れています。
(管理人は教え下手なので、控えめにしておきます 笑)

次のホームページの作り方指南は、HTMLエディタについて。

作り方レシピ 2 〜HTMLエディタ〜

上記の”作り方レシピ 1”でご紹介したように、ホームページを作るには、「HTML」を記述する(書く)ための
「エディタ」と呼ばれるソフトが必要になります。

ですが、このHTMLエディタ、パソコンを持っている人ならば、
Windowsの場合なら、標準でインストールされている「メモ帳」でも十分にHTMLを書くことができます。

(メモ帳の立ち上げ方[Windowsの場合]:スタートメニュー→プログラム→アクセサリ→メモ帳)

ただ、HTMLは、一つのページだけでも書く量は相当あるので、
その全てを”手打ち”で、自分で打ち込んでいくのはツライのではないかと思います。

そこで威力を発揮するのが、上記での「ホームページ何チャラ」こと、「ホームページ作成支援ソフト」が大きな力になるのですが、
有料だと¥10000程度のものから、¥49,800もするようなソフトまで、ピンキリですが、お金がもの凄くかかります。

そこで、無料で使えるお役立ち作成支援ソフトをご紹介しましょう。

無料で使える、お役立ちホームページ作成支援ソフトの数々。

ezhtml
基本的には手打ちによるHTMLファイルの作成ながらも、
HTMLやCSSなどの編集時に、適切な属性や要素などが候補として表示され、選択できるという機能が、HTMLやCSSの作成時に、作業の効率にもお役に立ちますし、またキレイで正確なコーディングが行えます。
また、最低限必要な宣言文などは新規作成時から自動で記述されているので、
利用者は必要な内容から書くことができます。
Dreamweaverを持っていなければ、これを使用することを管理人は強くオススメします!
HTML Editer For My Friends
上記のezhtml程、高機能なわけではありませんが、
このソフトの特徴は、エディタの画面にHTMLコードを打ち込むと、
リアルタイムでプレビュー画面に反映されるというもの。
ホームページの作り方を学びたい初心者の方に強くオススメ。
Terapad
こちらは、上記の様にHTMLのコーディングに特化したソフトではなく、
基本的な立場としては「高機能テキストエディタ」ということです。
つまりは「豪華版メモ帳」。
ですが、HTML編集モードが付いており、
そのモードで編集すると、タグや、カラーコードなどの属性値の部分に色が付くので、
ソースが見やすいという利点があります。
これからホームページの作り方を学びたい初心者で、
HTMLを積極的に勉強していきたいという方にオススメ。
管理人もこのソフトで勉強しました。

pagetop

  • 当サイトのコンテンツ一覧です。
  • ホームページの作り方 1
  • ホームページの作り方 2
  • ホームページの作り方 3
  • ホームページの作り方 4
  • ホームページの作り方 5